そう!こういう「のぼり旗」を作りたかった!

依頼されたお客様からの「満足の声」が続々!

タウンニュース・ロコでは、オリジナルデザインの「のぼり旗」の販売をはじめました。「お客様の声」をご紹介いたします。

茅ヶ崎・R134沿い「海女小屋食堂」の「カキガンガン焼き」のぼり旗

茅ヶ崎・R134沿い「海女小屋食堂」の「ブリしゃぶ」のぼり旗

〈VOICE.1〉茅ヶ崎・海女小屋食堂 石澤店長より

今までは値段や枚数を気にして、主に既製品を使っておりました。耐久性やオリジナリティーを考えると既製品を見つけることが難しく、今回、タウンニュース・ロコへオーダーしました。細かい事ですが、「のぼり旗」は、ちょっとした寸法や材質で大分イメージが変わります。デザイナーと直接やり取りを行い、自分が納得したモノを作ることができました。オススメです。

海女小屋食堂】神奈川県茅ヶ崎市柳島1877-3

 

オリジナルデザインで制作できる。画像の使用も可能。

 

オリジナルデザインで制作できる。画像の使用も可能。

 

〈デザイン料〉
一種類につき1万円(税別)

〈のぼり旗・カラー印刷代込み〉
・レギュラーサイズ(W60cm×H180cm)
チチ タイプ 一枚 2,000円(税別)
袋縫いタイプ 一枚 2,300円(税別)

例)二種類 各2枚(袋縫いタイプ)計4枚=29,200円(税別)

※ポール・スタンドは各種ご用意しております
※のぼり旗のサイズは各種ご用意しております。

申し込み・問い合わせはタウンニュース・ロコ ☎045・913・4141へ。見積、相談無料。

販促品、記念品に「エコバッグ作りませんか」完成までサポート

 タウンニュースのグループ会社、タウンニュース・ロコでは、店名やロゴマークを入れたオリジナルエコバッグの製作を行っている。費用は印刷代込みで1枚450円・税抜〜(100枚発注時の単価)。

 同社では数百点以上ある商品の中からサイズ、素材、形など、希望と予算に合わせてベストな商品を担当が提案。手間なく、オリジナルエコバッグを作ることができる。ロゴやイラストが無い場合には、別途制作も可能。納期は3週間ほど。

 レジ袋有料化により、需要が高まったエコバッグ。同社で作成したエコバッグは自治体の記念品や、パン屋さんのオープニングキャンペーンの販促品、企業の周年記念品、商店街など幅広い用途で利用されている。申し込み・問い合わせはタウンニュース・ロコ☎045・913・4141へ。見積、相談無料。

横浜市青葉区青葉台二丁目  自治会  老人会「青丹(あおに)クラブ」35周年記念バッグ(発注者の田中様・左と佐藤会長・右)

【お客様の声】青丹クラブ(佐藤会長)より

「35周年記念に何か品物を考えていた。レジ袋有料化が始まった中でオリジナルエコバッグ案内を見てこれだ。素敵なロゴもつくってくれて良い記念になった。生地もしっかりしているし、色もバラエティよく作ってくれて満足です」

35周年の節目を祝い、記念誌、エコバッグ、紅白饅頭が会員へ配布された。

【青丹クラブ35周年記念 関連記事

 

飲食店の皆様へ エコバッグ作りませんか?

 飲食店専門の広告代理店、タウンニュース・ロコではこの夏から、エコバッグ製作・販売を強化しています。

 飲食店のテイクアウト需要の伸びや、レジ袋有料化にあわせたもので、1袋あたり450円〈税別〉~で、ロゴ入りオリジナルバッグを製作しています。「オンラインストアでは、バッグの形、色、素材、種類が多すぎて選びきれない」などの声を踏まえ、担当者が形の選定から、印刷の手配(必要に応じてロゴ製作〈費用別途〉)まで対応いたします。容器のサイズや、平均的なテイクアウトの単価、希望する袋の素材などをヒアリングし、お店にベストなバッグを提案いたします。

 製作したバッグはノベルティとして配布したり、店頭で販売するなど、活用方法は様々あります。

 店舗の宣伝につながるほか、バッグを持参した顧客に対し、サービスを提供することでリピートへつなげるなど、集客効果も期待できます。

 同社では、エコバッグの製作以外にも、飲食店に特化した販促ツールやWEBと紙媒体を連動させたクロスメディアの企画など新たな顧客創出のサポートを行っています。

㈱タウンニュース ・ロコ

☎045・913・4141(相談・見積無料)